まとめ

【結婚】についてあらゆる視点から述べてきましたが、やはり結婚に至っては明確な答えなんてないのかもしれません。それぞれの価値観、環境、状況により答えは異なり、またその答えは、常に「変化」を伴うものです。人間である以上、感情はつきものですし、感情は変化するものなので、それと同時に、結婚に対する考え方が変わるのは、もはや自然の道理だと思います。また、「変化」と一言で言っても、常に良い方向に変化をし続けていくかもしれませんし、その逆も残念ながら勿論有り得ます。どのように変化させていくかは、本人次第、夫婦次第ということです。

先頭でも述べた通り、【結婚】とは「家族」になり「生涯を供にする約束をする」ということです。ですが、これは「結婚」の始まりでしかありません。「相互の協力により維持させなければならない」という法律があるように、「結婚」の一番の課題は「持続」ということではないでしょうか。今回、私も結婚について考えるとてもいい機会になりました。記事を進めるにあたり、結婚に対する「私なりの答え」を出すことができましたので共有させていただきたいと思います。