夫婦別姓とは

【夫婦別姓】とは、言葉通り夫婦が結婚前の別々の姓を名乗ることをいいます。現時点の話ですが、日本の民法では原則として、夫婦は同姓でなければなりません。また、民法に限らず、日本社会では家族は同姓ということが、社会通念、伝統習慣として受け入れられているのが現状です。ですが、その一方で別姓を希望する夫婦が少なからず存在するということも事実です。別姓を希望する理由は人それぞれではありますが、最も多い理由としては、「仕事をするにあたって何かと都合がいい」ということが挙げられています。

結婚するにあたり、女性が男性の姓に変えるというのがほとんどという中で、近年ではキャリア志向の女性が増加しているということが、夫婦別姓の背景にはあるのかもしれません。そういった夫婦別姓を支持する人達の意見を受け止め、【選択的夫婦別氏制度】の導入による民法の改正が提案されています。

私の個人的意見としては、夫婦別姓に関して否定も肯定もありません。ですが、一般的には「有り得ない」と思っていたことを、きちんと主張し、民法改正の提案まで進められたという点に対しては、感心しています。「周りと同じ」を望む傾向が強いと言われている日本人が、少数派であっても自身の意思を主張するようになったということは、とても素晴らしいことではないでしょうか。