また、「いつまでも新鮮な気持ちでいたい」という、恋人願望が強い人にも、【別居婚】、【週末婚】は支持されているようです。私もどちらかといえば、【週末婚】に関しては肯定的ではあります。その理由としては、主に「自分のペースを崩したくない」ということが挙げられます。要するに、考え方が自分主体ということです。ですが、先に話した通り、現状の私は【週末婚】肯定派ではありますが、思い描く理想では「家族は一緒に住むべきもの」だと思っています。人の気持ちというのは、状況や環境によって変わるものなので、【週末婚】肯定派でなくなるその時までは、私は結婚は考えていません。私のように、理想と現実のギャップに悩まされ、「結婚」に対して意欲的になれない方も、少なからずいるのかもしれませんね。

婚活は婚活サイトのエンジェル
http://www.angelclub.jp/

上記に述べたように、現在では様々な【結婚のカタチ】を望む方が増えています。様々な結婚のカタチが増加している今、「結婚(夫婦)とは、こうあるべきではいけない」というプレッシャーを持つ人も少なくなってきているのではないでしょうか。