婚活の定番化

婚活とは、「結婚活動」の略です。分かりやすく言うと、「就職活動」が仕事に向けて活動するように、「結婚活動」は結婚に向けて活動することを指します。最大のポイントとしては、「自ら意欲的に行動する」ということが挙げられます。今の時代、適齢期を越えた結婚を望む男女にとっては、もはや【婚活】は当たり前になってるといっても過言ではありません。様々なメディア、某ドラマでも取り上げられたことにもより、婚活は一気に注目度が上がりました。それと同時に、婚活をサポートするビジネスも増え、今では婚活はとても身近なものになっています。では何故、「結婚するには婚活」という傾向になったのか。婚活をするほど結婚願望がある男女が溢れているにも関わらず、婚活しなければ結婚できないなんて、考えてみれば少し可笑しい気もしますね。

近年は、ネット社会と言われていることもあり、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の利用などにより、人とのコミュニケーションさえもネット上でできてしまう時代です。「出会い系」となると聞こえが悪いような気もしますが、SNSとなれば、ごく一般的なことという印象を受けます。そういったSNSやチャットなどがポピュラーとなり、ネット上での出会いに抵抗が少なくなってきている人が増えているのも事実です。ネット上での出会いにしろ、ゆくゆく実際の恋人同士になれれば問題はないと思いますが、ネット上だけの関係「ネトカノ」「ネトカレ」という、バーチャルなままで終わってしまうのも珍しい話ではありません。そういったバーチャル恋愛で満足し、実際の恋愛と疎遠となってしまった人たちの「出会いの場」として【婚活】が注目されるようになったのかもしれません。また、婚活が主流となったのには、「お一人様」を楽しむ人が増えたことも関係していると思います。自由気ままなお一人様ライフを楽しんだ結果、気づけば回りは既婚者だらけとなり、焦って【婚活】を始める人も少なくないということです。

http://www.aeonet.co.jp/kids/
子供英会話イーオンキッズ(AEON KIDS)

【婚活】のいいところは、「結婚」という同じゴール目指す人とコミュニケーションをとっていくので、目的の相違がないところです。そういった点では、「お見合い」とほとんど同じですね。ただ、お見合いは不本意でする人も少なからずいるので、自ら「意欲的」にする婚活の方が間違いないかもしれません。中には、友達の付き合い、流行に乗って、という感覚で婚活している方もいるかもしれませんが・・・。また、婚活は「自分を磨く」良い機会でもあります。異性の目というのはやはり気になるものですし、婚活を進めていく内に、今まで気を使っていなかった部分にも目がいくようになることも多いと思います。婚活中に磨きがかかり、婚活の必要がなくなるくらい魅力的になる人も中にはいるかもしれないですね。

【婚活】をするにあたり、「出会い」のチャンスと「自分磨き」のチャンス、この2点がメリットとして挙げられるということを上記では説明させていただきました。述べた通り、良いことづくめの【婚活】ですが、あまりに長い間続けるのはお勧めできません。長い間活動するということは、幾つもの出会いを繰り返すということですので、自分の中で無駄にデーターベースが出来上がり、相手を選り好みしてしまう可能性があるからです。「慣れ」というものは怖いもので、人の感覚を変えていきます。せっかくの良い出会いなのに、それに気づかないなんて勿体無いと思いませんか?「見極める」のは、本人しかできないことで、見極め時はとても大切です。1つ1つの出会いを大事に受け止め、慎重に考えていってほしいと思います。