結婚とは【精神的安定】である。

人間誰だって一人は寂しいものです。生きていれば心細いときだってあります。辛いとき、苦しいときに、結婚をし家族となる愛する人が側にいて励ましてくれるということは、絶対的な「精神安定剤」になるのではないでしょうか。また、人の感情というものは不確かなものです。どんなに想いあった恋人同士であっても、感情というものは目に見えるものではなく、不安になることもあるでしょう。【結婚】することによって、その不安が穏和され、精神的安定に繋がるということも事実です。生きていく上で、精神が安定するということは、最も重要なのではないかと思います。どんなに理想の仕事、生活をしていても、精神が安定していないと人は崩れてしまいます。逆に、例え辛い逆光の中にいたとしても、精神が安定しているのならば、きっと乗り越えていけるものではないでしょうか。